人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日々是革命

現代自殺論~自殺統計は最初の悲劇であるのか?難民以上の絶望の在り方の分析

「死」の問題を最大限に考えてきているのだが、
芥川龍之介の「河童」以来、産まれてくることを拒否する、そして、歴史の不可思議、社会の不可思議、規範の不可思議の中で、
まさに、『カムイ伝』の中で描かれている差別、身分制と資本主義の根本として
何故、名著『自殺論』から研究が進まずに来ているのかの方が不思議であるのだ。

自殺統計と経済学の研究は、更に、明確にしなくてはならない。

貧困者は、自殺をしない。自殺するのは、中流者であるのか?

いじめ問題
…。
次回に続く。
http://chikyuza.net/archives/58931


現在、2015年12月26日(土曜日)8時40分
本編、ちきゅう座掲載ありがとうございます。

同時に掲載されていた気になる指摘について追加してみます。
共産党議員が、玉座の天皇の「(お)ことば」を聴く時代の幕開け
http://chikyuza.net/archives/58987
“官邸圧力、天皇に通ぜず” 戦争の悲惨と平和の尊さを切々と
http://www.asyura2.com/15/senkyo198/msg/550.html


天皇制問題であるのですが、12月23日最後の報道ステーション、そして、ニュース23にて、天皇誕生日報道があり、むしろ、安倍政治批判に貫かれていたとの評価が与えられていた事。
天皇と言うその立場としてではなく、一人格として、知性として、山本太郎氏の直訴状問題の双方の批判もあり、
大企業、官僚利権天下り利権を飛び越えた、超越の方が、意味を成しているだろうと言う逆説がある様に感じた。

柄谷行人氏も、たんぽぽ舎講演にての1条と9条問題講演について、
安倍晋三より数倍ましだと考えているし、天皇の方がよく勉強している発言をしている。

忌憚のない意見を更に出し合いたいところだ。

敵の敵は味方。
天皇さえ「戦争法」反対であるのだ。
真の敵は、大企業利権であり、官僚天下り構造としての資本主義そのものであり、
超越論としてのキリスト教や天皇制、ヘーゲル哲学ではない逆説をどの様に論理、知性的に処理すべきか?

日本共産党が開かれて来たのか?
左翼が取り残されているのか?
リベラルの名称に甘んじるのか?

ただ現状追認だけの象徴ではない人格天皇制にむしろ「先の大戦、および、資本主義帝国主義戦争批判」としての
政治家、官僚、大企業に向けられたお言葉は、共闘的でもあったようにも感じられる。

その実は、どうであるのだろうか?
更なる忌憚のない議論を展開していきたいものだ。


う~ん、今にして思えば、題字の「人間廃人国家の悲劇」は、少しすわりが良くなかった。
「廃人化国家の悲劇」で良かったかな?
人間と廃人は、意味的に重複していました。(;^ω^)

午前中から今まで、
突然ですが、ツイキャスやっていました。「若者が語る政治」書き込みしてみました。
http://twitcasting.tv/rokoroko0919


by akiratakeda2001 | 2015-12-25 22:20 | マルクス暦
<< (技術性)ちきゅう座の問題点(... 【国家緊急事態2016】1.楢... >>